Biography (日本語)

国際的に賞賛されたピアニストの陳瑞斌(チェン・ルイ・ビン)はテクニックの優れた、エネルギーに満ちる、芸術的な表現力が豊かな持ち主と評判になる。 陳氏は中国で行われた2010年ワールドエクスポの開幕式の舞台で「黄河協奏曲」を演奏した。2014年夏に、2万席ある世界最大級の野外音楽堂「ハリウッド・ボウル」でロサンジェルス・フィルハーモニックと共演した。このパフォーマンスは黄河協奏曲の最もすばらしい演出だとアメリカ音楽評論家に称賛される。台湾の国立コンサートホールにて彼によるラフマニノフのピアノ協奏曲(パガニーニ狂詩曲OP. 43を含む)の見事な二夜連続公演も称賛を得た。 台湾生まれでオーストリア籍の中国人。20歳になる前に様々な国際的ピアノ・コンクールで合計18個のメダル(5つの金メダル含み)を獲得。テル・アビブ(ルビンシュタイン)、ワルシャワ(ショパン)、ソルトレークシティ(バッカウアー)、アテネ(カラス)、ウィーン、マンレサとイタリア(ローマ、ラフマニノフ、ベッリーニとストレーザ)が例として挙げられる。 5歳で初めてピアノレッスンを受けた。13歳の時に、国家人材選抜で選ばれ、ウィーン(オーストリア)へ留学。彼はウィーン芸術学校から演奏卒業証書を取得する。その後、彼はドイツでハノーヴァー音楽大学からソリストの試験賞を受賞。伝説的なロシアのピアニスト故ラザール・ベルマンのもとで唯一のアジア人生徒として彼は学び続ける。 見事な芸術性の上に、小さい頃からヨーロッパで育ってきた背景を持つ陳氏は世界中の多くの若いピアニストにインスピレーションを与えてきた。東西文化の感性、伝承された中国系の特質、ヨーロッパでの成長や訓練、慎み深い性格と感動的な彼の個人の話は世界中の大勢の支持者を得た。

生涯

陳氏のデビューは10歳の時で台北市立交響楽団との共演。彼はルーマニアの「モルドヴァ」ヤーシとトゥルグ・ムレシュ交響楽団のソリストと指名される。世界各地の公演でロサンゼルス•フィルハーモニー管弦楽団、ユタ交響楽団、ブダペスト交響楽団、プラハ交響楽団、ブルノ、モスクワ国立交響楽団、ロシア国立交響楽団、シンガポール交響楽団、ニュー•フィルハーモニア日本、上海交響楽団、ナショナル交響楽台湾、台北交響楽団、香港シンフォニエッタ、ロンドンチェンバー•プレイヤーズなど数多くの団体とソリストとして共演。 陳氏は1984年にウィーンでコンツェルトハウスのGrossensaalで初ヨーロッパデビューを果たし、注目を浴びる。ザルツブルク音楽祭、ウィーン春祭り、シュレスヴィヒ•ホルシュタイン音楽祭、香港映画祭、台北音楽祭、台北芸術祭、モスクワの国際ラフマニノフ音楽祭、チェコ共和国(旧チェコスロバキア)のヤナーチェク音楽祭、オーストリアショパンフェスティバル、チェコ、ポーランド、ルーマニア、などのさまざまなフェスティバルに招待された。国際ザルツブルク音楽祭、ウィーン春祭り、シュレスヴィヒ•ホルシュタイン音楽祭、香港映画祭などの多くのフェスティバル、台北音楽祭、台北芸術祭、モスクワの国際ラフマニノフ音楽祭、チェコ共和国(旧チェコスロバキア)のヤナーチェク音楽祭、オーストリアやチェコ、ポーランド、ルーマニアなど世界各地の音楽祭にも彼は出演する。 陳氏はトルコの75周年記念祝典とマカオ中国統一記念セレモニーでソリストに指定され、多くの国際的及び歴史的に重要なイベントに参加する。上海万博の開会式でのソロ演奏のために中国政府にも招かれる。 陳氏は定期的に世界各地の主要なコンサートホールにて公演を行う。ニューヨークのカーネギーホールとリンカーン•センター、ワシントンD.CのジョンFケネディ芸術センター、ロサンゼルスのウォルトディズニーコンサートホール、サンフランシスコのデーヴィスシンフォニーホール、ハリウッドのコダックシアター、カルガリーのジャック•シンガーコンサートホール、ウィーンの楽友協会とコンツェルトハウス、ライプツィヒのゲヴァントハウス、アムステルダムのコンセルトボ、モンテカルロ歌劇場、ワルシャワフィルハーモニー、モスクワのボリショイ•ホール、テルアビブのF•マン講堂、東京サントリーホール、大阪シンフォニーホール、香港文化センター、北京音楽ホール、台北の国立中正文化センター、上海東方芸術センター、シドニーオペラハウスでも演奏した。陳氏は香港のラジオやテレビなど事業体にて駐在アーティストとして活動をしながら、様々なチャンバフェスティバルの音楽監督を務める。

彼は、台北シンフォニーのアジアツアー、台湾の高雄市伝統楽団のアメリカツアーとオーストラリアツアー、エバーグリーン交響楽団、そして台北シンフォニーの中国ツアーなど数多くの世界ツアーのソリストに選ばれた。セルジュ•コミッショーナ、アントニ•ヴィト、パヴェル•コーガン、ジョセフ•シルバースタイン、そしてアンドラーシュ•リゲティなど多くの有名な指揮者との共演も多い。 近年、ソロリサイタルや古典的なレパートリーのオーケストラの演奏に加えて、陳はコラボレーションや新しいソロとピアノ協奏曲作品の初演にも努力を捧げる。台湾の有名な川への特別な思いを描いた愛河協奏曲、そして客家の遺産を祝う冬トリロジーはその一例である。両方とも彼によるピアノで作成され、ニューヨークのリンカーンセンター、オーストラリアのシドニーオペラハウス、香港文化センターにて公演される。 陳氏は室内楽奏者として活躍しながらも、ラークカルテット、上海カルテットなどの国際室グループとも共演する。 彼はボストンのニューイングランド音楽院とルガノのマスタープレイヤー国際音楽アカデミーなどのミュージカル拠点でマスタークラスを教える。スイスの国際ピアノコンクールで審査員として務める。彼は台湾政府の音楽祭など様々なフェスティバルの芸術監督を務め、台湾の高雄市は彼らの音楽大使に陳氏を任命した。 2010年のショパン誕生200周年を記念して、2008年から2010年にかけて陳氏はアメリカ、ヨーロッパ、及びアジア太平洋地域の主要都市でソロとピアノ協奏曲作品を含むショパンの傑作を公演するコンサートシリーズプロジェクトを行う。 多忙なツアースケジュールを送りながら、陳氏は恵まれない人々への支援に強く力を注いでいる。 2012年、彼はロサンゼルスのアメリカ赤十字ガラでガラゲストさん及びジェーン•シーモアのために演奏を行う。同年、彼は台湾の障害者青少年のための全国ピアノコンクールを開催する。受賞者は、観衆が2000人以上と二つの大きなコンサートに彼と出演する。また、彼はマーヴィン•ハムリッシュに敬意を表すための「Play Me I’m Yours」といったスペシャルプロジェクトに参加し、パサデナシンフォニーとの慈善コンサートでロサンゼルス室内管弦楽団と共演する。 2013年から2014年にかけて、ラフマニノフ生誕140周年記念となるワールドツアーを開催。陳は世界初、アジア、米国カリフォルニア州でラフマニノフの3ノクターンを演奏するピアニストである。彼によって「トータルラフマニノフ」というコンサート•プログラムはルネ&ヘンリー•セガーズトームコンサートホール(オレンジ郡、カリフォルニア州)、ブランドパフォーミングアーツ新しいウォリスアネンバーグセンター(ビバリーヒルズ、カリフォルニア州)と他の世界的に有名な会場で発表された。陳はウォリスでソロリサイタルを行うため、それらのスタインウェイのコンサートグランドをデビューする最初のアーティストとして招かれました。リサイタルのチケットは4ヶ月前に完売し、陳は次の夜、別のリサイタルを追加することになる。 世界中からスターや有名人が参加した2014年北京国際映画祭で陳氏はセレモニーでソリストとして演奏。

作品

彼は大中華圏で古典的な音楽家の売れっ子である。ユニバーサル、ナクソス•インターナショナル、KKMオーストリア、金革レコードのもとでショパン、リスト、ワーグナー•リスト、グリーグ、チャイコフスキー、ドビュッシー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー、そしてピアソラの作品や彼自身の編曲を収めたCDをリリース。彼のコンサートはヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリアの多くのラジオやテレビ番組で放送されている。

受賞・表彰

陳はウィーンの「ベーゼンドルファー賞」などさまざまな国際ピアノコンクールの受賞に加え、台湾文化大臣に「ベスト•ヤングアーティスト」にも選ばれる。ザルツブルク国際音楽祭やパリの「ルーセル賞」で「音楽への貢献のベスト賞」を受賞。また、台湾李登輝大統領に招待され、国家ラジオやテレビで放送されるフェスティバルコンサートで出演する。その後、彼はまた、後続の大統領にも名誉を与えられる。陳は2000年に「台湾ミレニアム最優秀芸術パフォーマンス賞」を受賞し、「ベストパフォーマンス」、「ベストアルバム」など受賞。ウォルトディズニーコンサートホールでのソロリサイタルにて音楽を通じて米国と台湾の外交を促進するため彼はロサンゼルスの州スーパーバイザによって表彰される。
レビュー

陳の抜群の音楽的才能は多くの著名なミュージシャンや評論家に称賛された。彼の驚異的なテクニックに感銘を受けたとディートリヒ•フィッシャーディースカウは言う。スペインのピアニストアリシア•デ•ラローチャは彼の演奏を「壮大」や「未来がある」と表現した。ピアノコンクールでラフマニノフの第二のピアノソナタのパフォーマンス後、今までの若いアーティストの中で陳氏が最高だと元ニューヨークタイムズ紙の評論家ハロルド•C•ショーンバーグから大絶賛された。ボストン•グローブは、「彼は情熱的で、鉄鋼のような指力から生み出されるアスレチック技で演奏する」また「彼は繊細さと想像力を表現することができる」と言われた。さらに、有名なスイス人作家クリストフブランドルはDie Wienerという本で、チャイニーズオーストリア人のピアニストとして陳の音楽を詳しく紹介している。